自動車登録の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

自動車の種別

普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車及び小型特殊自動車の区別

普通自動車小型自動車軽自動車大型特殊自動車及び小型特殊自動車の区別は、道路運送車両法の規定を受けた規則の別表第一に定められています。この「別表第一」には、自動車の構造及び原動機の種類、排気量、定格出力などや車体の大きさ等により分類され一覧表にまとめられています。

自動車のうち、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車に分類されるもの以外は全て「普通自動車」になります。

軽自動車に該当するもので二輪車以外の場合は車体の長さ、幅、高さがそれぞれ3.4m1.48m2m以下のもので排気量が660CC以下のもの、二輪のもので車体の長さ、幅、高さがそれぞれ2.5m1.3m2m以下で大型特殊、小型特殊自動車以外のもの、排気量が250CC以下のものが該当します。

ショベル・ローダ、タイヤ・ローラや農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、ポール・トレーラなど別表第一に規定された自動車のうち小型特殊自動車以外のものが「大型特殊自動車」と呼ばれます。

ショベル・ローダなどに分類されるもののうち、自動車の長さ、幅、高さがそれぞれ4.7m1.7m2.8m以下で最高速度が15㎞/h以下のもの、及び農耕トラクタなどに分類されるもののうち、最高速度が35㎞/h未満のものが「小型特殊自動車」となります。

四輪以上の自動車と被牽引自動車のうち、車体の長さ、幅、高さがそれぞれ4.7m1.7m2m以下のもので軽 自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車以外の自動車で排気量が2000CC以下のもの(ディーゼル車等は除く)と、二輪、三輪車で軽 自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車以外のものが「小型自動車」に分類されます。

自動車の正確な分類や大型特殊自動車に指定されている自動車の種類については別表第一をご確認下さい。

(道路運送車両法第三条 自動車の種別)
この法律に規定する普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車及び小型特殊自動車の別は、自動車の大きさ及び構造並びに原動機の種類及び総排気量又は定格出力を基準として国土交通省令で定める。

(道路運送車両法施行規則第二条 自動車の種別)
法第三条の普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車及び小型特殊自動車の別は、別表第一に定めるところによる。

Copyright © 2012 touroku.cho88.com All Rights Reserved.