自動車登録の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

新規登録申請書の添付書類の提出区分

道路運送車両法第七条第一項に規定される添付書類の提出区分について

譲渡証明書が基本的な添付書類となります。但し、登録を受けたことのない自動車で輸入自動車の場合は更に輸入の事実を証明する書面が必要となります。又、登録の原因が相続その他の一般承継である場合や申請人が登録権利者又は登録義務者の相続人その他の一般承継人であるとき、又は登録名義人の表示の変更の登録の申請をする時は戸籍の謄本若しくは抄本若しくは登記事項証明書などこれらの事実を証明することができる書面の提出により譲渡証明書の提出とみなされます。

上記の書面を提出することができない場合は、その自動車の所有権の存在を証明することができる書面を提出しなければなりません。

(自動車登録規則第六条 新規登録申請書の添付書類の提出区分)
法第七条第一項の国土交通省令で定める区分は、次のとおりとする。
一  登録を受けたことがない自動車 譲渡証明書及び輸入自動車にあつては、輸入の事実を証明する書面
二  登録を受けたことがある自動車 譲渡証明書
2  登録の原因が相続その他の一般承継である場合における前項の規定の適用については、令第十八条の規定により提出する書面を譲渡証明書とみなす。
3  第一項の書面を提出することができないときは、当該自動車の所有権を証明するに足りる書面を提出しなければならない。

(自動車登録令第十八条 戸籍謄本等の提出)
次に掲げる場合には、申請書にその事実を証する戸籍の謄本若しくは抄本若しくは登記事項証明書又はこれを証するに足るその他の書面を添付しなければならない。
一  登録の原因が相続その他の一般承継であるとき。
二  申請人が登録権利者又は登録義務者の相続人その他の一般承継人であるとき。
三  登録名義人の表示の変更の登録の申請をするとき。

Copyright © 2012 touroku.cho88.com All Rights Reserved.