自動車登録の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

新規登録の基準

新規登録の申請があった場合に国土交通大臣が負う責務

国土交通大臣が新規登録の申請を受けた場合に、その申請者に所有権が認められない時、その自動車が保安基準に適合していない時、予備検査証が有効なものでない時、車台番号や原動機の型式が申請書の内容と異なる時、あるいはその申請事項に虚偽の内容が含まれると認められる時以外は新規登録をしなければならないと規定されています。

(道路運送車両法第八条 新規登録の基準)
国土交通大臣は、前条の申請書を受理したときは、次の各号に該当する場合を除き、新規登録をしなければならない。
一  申請者が当該自動車の所有権を有するものと認められないとき。
二  当該自動車が新規検査を受け、保安基準に適合すると認められたもの又は有効な自動車予備検査証の交付を受けているものでないとき。
三  当該自動車に打刻されている車台番号及び原動機の型式(前条第三項各号に掲げる書面の提出をもつて当該自動車の提示に代えた場合には、当該書面に記載されている車台番号及び原動機の型式)が申請書及び自動車検査証に記載されている車台番号及び原動機の型式と同一でないとき。
四  その他その申請に係る事項に虚偽があると認めるとき。

Copyright © 2012 touroku.cho88.com All Rights Reserved.