自動車登録の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

一時抹消登録の概要

自動車を運行に使用することをやめた場合

自動車の運行することを止めたときは、一時抹消登録の申請ができます。又、既に一時抹消登録を受けた自動車が滅失、解体、用途廃止又はその車台が新規登録の際に存したものでなくなったときは、その旨を国土交通大臣に届け出なければなりません。この場合の届出事項は、「一時抹消登録を受けた際の自動車登録番号」「車台番号」「届出をしようとする者の氏名又は名称及び住所」「届出の原因及びその日付」「届出の年月日」となります。

一時抹消登録を受けた自動車を輸出しようとするときは、その輸出の予定日から規定の期間さかのぼった日から輸出をする時までの間に届出を行い、輸出予定届出証明書の交付を受けなければなりません。

(道路運送車両法第十六条 一時抹消登録)
登録自動車の所有者は、前二条に規定する場合を除くほか、その自動車を運行の用に供することをやめたときは、一時抹消登録の申請をすることができる。
2  一時抹消登録を受けた自動車(国土交通省令で定めるものを除く。)の所有者は、次に掲げる場合には、その事由があつた日(当該事由が使用済自動車の解体である場合にあつては、解体報告記録がなされたことを知つた日)から十五日以内に、国土交通省令で定めるところにより、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。
一 当該自動車が滅失し、解体し(整備又は改造のために解体する場合を除く。)、又は自動車の用途を廃止したとき。
二 当該自動車の車台が当該自動車の新規登録の際存したものでなくなつたとき。
3  第十五条第二項及び第三項の規定は、使用済自動車の解体に係る前項の規定による届出をする場合について準用する。この場合において、これらの規定中「登録自動車」とあるのは、「一時抹消登録を受けた自動車」と読み替えるものとする。
4  一時抹消登録を受けた自動車(国土交通省令で定めるものを除く。)の所有者は、その自動車を輸出しようとするときは、当該輸出の予定日から国土交通省令で定める期間さかのぼつた日から当該輸出をする時までの間に、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣にその旨の届出をし、かつ、次項の規定による輸出予定届出証明書の交付を受けなければならない。
5  国土交通大臣は、前項の規定による届出があつたときは、当該届出をした者に対し、当該自動車について輸出が予定されている旨が記載され、かつ、当該輸出の予定日までを有効期間とする輸出予定届出証明書を交付するものとする。
6  前条第三項及び第四項の規定は、一時抹消登録を受けた自動車の輸出に係る第四項の規定による届出があつた場合について準用する。この場合において、同条第三項中「輸出抹消仮登録証明書」とあるのは「輸出予定届出証明書」と、「輸出抹消登録を」とあるのは「その旨を自動車登録ファイルに記録」と、同条第四項中「第二項」とあるのは「次条第五項」と、「輸出抹消仮登録証明書」とあるのは「輸出予定届出証明書」と読み替えるものとする。
7  国土交通大臣は、前項において準用する前条第四項の規定その他の事由により輸出予定届出証明書の返納を受けたときは、その旨を自動車登録ファイルに記録するものとする。

(自動車登録規則第六条の九 一時抹消登録後の解体等に係る届出)
法第十六条第二項 の規定により届出をしようとする者は、次に掲げる事項(使用済自動車の解体に係る届出にあつては、第四号に掲げる事項を除く。)を記載した届出書を提出しなければならない。
一  一時抹消登録を受けた際の自動車登録番号
二  車台番号
三  届出をしようとする者の氏名又は名称及び住所
四  届出の原因及びその日付
五  届出の年月日

Copyright © 2012 touroku.cho88.com All Rights Reserved.